遮熱塗料・遮熱フィルム

塗料販売の大阪塗料商事 ホーム > 遮熱塗料・遮熱フィルム

機能的な遮熱塗料・フィルムをご提案いたします

省エネや節電に対する意識の高まりを受け、空調温度の調整など、企業でも様々な取り組みがなされています。そこで近年注目されているのが遮熱塗料や遮熱フィルムといった商品です。

また、遮熱塗料は表面温度が10度近く下がるため、プールサイドや屋上の塗装にも適しています。

屋根や壁の塗料を塗り替えるだけ、あるいは窓などにフィルムを貼り付けるだけで温度上昇を抑えることができます。断熱材や空調設備導入のような大掛かりな工事が不要で、コストも低いのが特徴です。

機能的な遮熱塗料・フィルムをご提案いたします

遮熱塗料・フィルムの種類と、選ぶポイント

水性シリコンアクリル樹脂塗料

このような環境での塗装に

スレート瓦・各種セメント瓦・コロニアルやカラーベストなどの新生瓦、トタン・カラートタン・鋼板の屋根。
コンクリート・モルタルの壁や各種サイディング。
一般住宅、工場、倉庫、飼料タンク・鶏舎などの飼育施設。

注意)※モニエル瓦には使用できません。

水性シリコンアクリル樹脂塗料

塗料の特徴

  • 特殊顔料により太陽光の赤外線を反射し、従来の同じ色の塗料に比べて屋根の表面の上昇を抑えます。
  • 従来塗料に比べ、高い遮熱効果により塗膜の熱による劣化を防ぎます。
  • シリコンアクリル樹脂、HALS(赤外線劣化防止剤)配合により、対候性が優れています。
  • 酸性雨・耐性雪や排気ガスに対して優れた保護効果を発揮します。

取扱い塗料例

  • 水性屋根用遮熱塗料
  • 水性屋根用遮熱塗料専用シーラー など

水性アクリル樹脂塗料

このような環境での塗装に

各種防水面(塩ビシート、アスファルトシングル、加硫ゴムシート[EPDM]、ウレタン塗膜防水面
※FRP防水面には塗装できません。

ウレタン防水材(予め密着性の確認必要)
コンクリートの陸屋根、ベランダ

水性アクリル樹脂塗料

塗料の特徴

  • 特殊顔料と中空ビーズの相乗効果により太陽光照射時の赤外線を反射し、同じ色の従来の塗料に比べて陸屋根やベランダの表面温度上昇を抑えます。
  • 従来塗料に比べ、高い遮熱効果により塗膜の熱による劣化を防ぎます。
  • コンクリート陸屋根やベランダの簡易防水効果もある厚膜に仕上がります。
  • HALS(紫外線劣化防止剤)配合により、耐候性が優れています。
  • ローラーバケで簡単にきれいに塗れます。
  • 砂骨入りですべりにくい。
  • 屋上表面温度に最大13~9℃の差が出る(メーカー従来塗料比)

※ 温度差は色によって異なります。
※ 温度差は室内の温度減少を示すものではありません。

取扱い塗料例

  • 水性屋根用遮熱塗料
  • 水性屋根用遮熱塗料専用シーラー など

水性シリコンアクリル弾性塗料

このような環境での塗装に

  • 屋内外のコンクリート、モルタル、ブロック、スレート、レンガ、しっくい、木部等の壁、天井、塀など。

※ 浴室、台所には適しません。また絶えず水がかかったり水につかる所やいつも湿っている所、また床面には適しません。

水性シリコンアクリル弾性塗料

塗料の特徴

  • 中空ビーズ、特殊赤外線反射顔料が室内側への熱吸収を抑制します。
  • 耐候性に優れたシリコンアクリル樹脂を使用しています。
  • 防カビ剤、防藻剤の配合により、長期間カビ・藻(モ)・コケの発生を防ぎます。
  • 塗膜は弾力性に富み、コンクリートやモルタルに生じるひび割れや亀裂に強い塗料です。
  • シックなツヤ消しに仕上がります。

取扱い塗料例

  • 水性外カベ凹凸遮熱塗料 など

遮熱用フィルム

フィルムの特徴

  • カラータイプは太陽の日ざしを約80%カット、クリヤタイプは約40%カットします。
  • 紫外線をカットしますので、室内の色あせ・変色を防止します。
  • クリヤタイプは粘着材を使用しない吸着タイプ。何度も貼り直しができ、はがした際に粘着材が残る心配はありません。
  • カラータイプにはガラス飛散防止効果があります。
遮熱用フィルム

使用環境について

窓ガラス

【貼れる面】

  • 透明ガラスの平らな面
  • くもりガラスの平らな面
  • 型板ガラスの平らな面

【貼れない面】

  • 網入りガラス
  • くもりガラスのくもり面
  • 型板ガラスの凹凸面
  • 浴室内などの高温多湿の場所
  • 水が直接かかる場所
  • 80℃以上の熱がかかる場所(クリヤタイプは60℃以上)
  • 自動車の窓ガラス

注意

※ 外気温が10℃以下の場合、仕上りが悪くなったり、接着しないことがあります。冬場にシートを貼られる時は、部屋を暖めてから貼り、貼り終えた後もしばらく部屋を暖めた状態にしておいてください。
※網入りガラスに貼ると、ガラスが割れることがあります。
※特殊ガラスやヒビ割れたガラスには、使用しないでください。
※窓ガラスに貼る場合は、室内側に貼ってください。

取扱いフィルム例

  • ガラス用遮熱シート など

その他のおすすめ商品

インテリア用品 結露断熱対策用

商品の特徴

  • 窓ガラスに貼るだけで、屋外から伝えわる冷気を防ぎます。
  • 平らなガラス面・凹凸のあるガラス面にも簡単に貼れます。
  • 何度でも貼ったり、はがしたりできます。
  • ガラス面に吸着剤がほとんど残らず、はがす時もきれいに剥がせます。
  • 結露水を吸収し、水だれも防ぎます。
インテリア用品 結露断熱対策用

使用環境について

窓ガラス

【貼れる面】

  • 透明ガラス
  • くもりガラスの平らな面
  • 型板ガラスの平らな面
  • 型板ガラスの凹凸面 ※ 凹凸の程度により充分に密着しないことがあります。

【貼れない面】

  • 網入りガラス
  • くもりガラスのザラザラ面
  • 特殊ガラス(ペアガラス、合わせガラスなど)

取扱い商品例

  • 暖ったかパネル など
ページの先頭へ